BLOGブログ

☆夏のダメージケア&予防法☆

   

今日は夏の髪のケア&予防法のご紹介☆

 

 

 

夏は肌のUVケアはしていても髪は何もしないで夏の日差しの中へ行っている方が多いと思いますが、髪の日焼けでのダメージは甚大!
夏も本場ですが今からでも間に合う予防とケアをご紹介します。

 

まずはなぜ夏の髪のダメージが甚大なのか?

 

1.髪は肌より紫外線の影響を受けやすい
髪は直接日光が当たるため、肌以上に紫外線の影響を受けやすく、肌の2~3倍と言われています。

 

2.夏は髪の毛を痛めつけてしまう季節
容赦なく降り注ぐ紫外線のダメージはもちろん、キューティクルが剥がれやすくなり、パサつきや枝毛、切れ毛に加え、表面だけでなく内部にもダメージを与えてしまう。その他にも海の海水やプールの塩素、冷房での冷えによる血行不良や夏バテによる栄養不足など髪を弱らせる要素が夏はいっぱいです。

 

3.パーマやカラーをしてる人は特に注意
髪の栄養分の流出を防ぐCMCがパーマやカラーをしている人は少なくなっていてよりダメージを受けやすい状態になっています。

 

ではどうすればよいのか?自分でできるツヤ髪のキープ方法を3つご紹介します♪

 

1.鉄壁の守りでガード強化!
UVガード成分の入った、ヘアオイルやクリーム、スプレーなどを使い紫外線のガード。他にも帽子や日傘も使い鉄壁のガードをする。
髪を結んで日に当たる面積を少なくしたりするのも◎
以外と忘れがちですが髪だけでなく頭皮のガードも重要です!

 

 

 

2.ドライヤーの冷風でキューティクルを引き締め
シャンプー後のドライはまずしっかり地肌を乾かし、髪が8割程度乾いたら最後に冷風を当てるのがポイント!朝のブロー後なども仕上げに冷風を当てることでツヤが出る+手触りが良くなり、さらにキューティクルを引き締めダメージを抑える効果があります!

 

 

3.こまめなブラッシング
朝はもちろん外出さきなど1日数回ブラッシングすることでキューティクルが整います。キューティクルが整うことでまとまりのあるツヤ髪に!地肌の皮脂をまんべんなく髪に広げれるので天然の紫外線予防効果もあり♪

 

 

上記の3つは簡単にできることばかりですので一度お試ししてみてください。

 

 

予防とダメージケア法を4つを次回のブログでご紹介予定!

 

 

「おしゃれ」と「きれい」を全力でお手伝い♪
サロンでのスペシャルケアももちろんおすすめです!
是非ご来店もお待ちしております☆

 

ご予約はこちら↓☆

https://beauty.hotpepper.jp/smartphone/slnH000108261/coupon/

 - 未分類

MENU